ニンテンドー2

posted on 30 Aug 2013 14:17 by taiers
いるのをレッドが暑苦しい空気をぶつける事で無理やり吹き飛ばそうとしていた……まあ乗ってあげよう、どの道ソロじゃ大した下見も出来ないだろうなとは思っていたからな。
「つまり、今回だけの臨時PTのお誘いと言うことで良いんだよな?」
最終確認をする。間違ってはいないだろうが。
「イグザクトリィ!(その通りでございます)」<a href="http://www.u8835pt.com/折りたたみ財布-310e-12.html" title="coach ブランド">coach ブランド</a> おい、ある漫画が好きな人達にケンカ売ってると思われるぞと突っ込みたくなる台詞をグリーンが言い放つ。じゃあPT申請をお願いすると伝え、今回限りのPTを組む。
「よし、では行くぞ!」
やっぱりリーダーの役目を背負っているレッドが声を上げてダンジョンに進入する。入ったとたん穴に落ちたような浮遊感を伴った後にダンジョンの中に降り立った。 最初のダンジョンは人工物がメインのいかにもな形だった。早速盗賊スキルの〈罠探知〉を作動させると……
「では、ゆく「行くなっ!」」
明かりをつけながら声を出したレッドの声を遮ぎって叫ぶ、5人&5人の妖精がこっちを向く。 今のうちに教えておくと、レッドが火の中型犬、ブルーが水の大きな鳥、イエローが土の小さめなサイ、ピンクが光のうりぼう、グリーンが風のリスである。
「いきなり極悪なマップにぶち当たったようだ、この部屋の中に罠が15個ある!」<a href="http://www.bianlikuaijie.com" title="http://www.bianlikuaijie.com">http://www.bianlikuaijie.com</a> その一言に絶句するヒーロー戦隊メンバー。 ヒーローが罠に落ちるのはお約束かもしれないが、その罠でやられたいわけではないのは当たり前である。 その上に〈罠探知〉の赤警告罠が4つもあった……かつての妖精に導かれて見つけた小部屋にあった派手な宝箱以来だ、つまり引っかかったら即死がありうるレベルと判断していいだろう。
「ヒーローが罠で全滅なんて受けないぞ、先導するから自分と同じ場所を歩いてくれ……」
罠がない場所を丁寧にゆっくり歩く。いきなり最初からこれなのか、本気で殺しに来てるダンジョンのようだ、油断は即死亡を意味する、気合を入れなおさないとまずい。
「……レッドの判断は正しかったな、一人入れると聞いたときは大丈夫なのかと心配したが」
「……いきなり全滅の危機を回避できたのは大きいわね」
ブルーとピンクがぼそぼそ喋っている。そりゃそうだろう、いきなり人を一人入れるのはあたりはずれが非常に大きい、よくもまあ入れる気になったものだ。<a href="http://www.bianlikuaijie.com/バックパック-dwpojk-15.html" title="coach カチューシャ">coach カチューシャ</a>「おいおい、フェアリークィーンの旦那さんが弱い訳がないだろう?」
!? なんかと

Comment

Comment:

Tweet