声で求められたら…」
松島宮「んぅ…ぁぅ…ぁっ…だ、ダメ…おかしくなる…」
……滝崎の愛撫で段々とエッチな松島宮が出来上がってきた。
松島宮「はぁ…はぁ…はぁ……正義……お願い…」
滝崎「声は我慢してね……無理だった、合図してよ。そしたら、キスしてあげるから」
松島宮「う、うん…」<a href="http://www.releaseshopasjp.com/">ハンター レインブーツ ショート</a>


………この後は毎度の如く、読者のご想像にお任せいたします………つーか……何でこんな激甘な事になったんだ?


次号へ************************************************ご意見ご感想をお待ちしております。日常の風景と言えば、日常の風景なんですんよね。********************************************170 頼み事
11月26日 横須賀 厚木飛行場

整備兵1「おい、そこのエシャナー取ってくれ」
整備兵2「エシャナー…あれ、どこに…あ、あったあった」
格納庫で機体の整備をする整備兵達の前を通り、滝崎はその先にある発令所に向かっていた。そして、発令所に着くとそのまま発令所のドアを開けた。
小園「おや、滝崎大佐。どうしました?」
滝崎「やめて下さいよ。階級は上でも、ベテランは小園中佐なんですから」
小園「はっはっは、これは失礼。それで、滝崎君は何故こちらに?」
滝崎「機種転換の具合を聞きに来たんです。機体の方も見ておきたいと思いましてね」
小園「そうかね。まあ、そこに座りたまえ」
滝崎 「では、お言葉に甘えて」  <a href="http://www.releaseshopasjp.com/">ショートレインブーツ</a>
そう言うと滝崎は近くの椅子に座った。
小園「また陸さんの機体の改修艦上機型だと聞いておりましたが、今度の機体も中々使いやすい機体だよ。三式戦改『蒼風(そうふう)』は」
そう言いながら窓の外で空冷エンジンを吹かす三式戦改……史実の五式戦……を見ながら小園中佐は言った。
滝崎「そうですか。中戦ですから、格闘戦一撃離脱戦、どちらも可能と聞いていますが…」
小園「あぁ、急降下でビクともせず、小回りがいいから、皆は直ぐに慣れたぞ。しかし、元となった三式戦『飛燕』は既にイギリスのグリフォンエンジンを積んだII型の開発が完了したと聞いた。更にこの蒼風もエンジンはフォケンに積んだエンジンを積んでる……機体とパイロットは日本、心臓たるエンジンがイギリスとドイツ…妙な掛け合わせではないか?」
滝崎「仕方ありません。紫電改が搭載する誉は信頼性が増したとは言え、供給は紫電改でギリギリですから。それにエンジン開発は日本単独では難しいですからね。外国性エンジンをライセンスし、その経験を国内のエンジン開発に活かしてもらわないと……それに何時までもエシャナーを回してエンジンを始動させるのも改善していかないと…」
小園「例のセルモーターと言うやつか? フィリピンで鹵獲したP40を見せてもらったが、ボタンを押すだけでエンジンが始動出来るからな」
滝崎「出来れば日本もそうしてなっていく方がいいでしょうね」
小園「ふむ……おっと、ところで滝崎君の用は何だったのかね?」
滝崎「あぁ、すみません。小園中佐が飛行長で顔が効くからこそ、お願いしたい事がありまして…」
小園「お願い…事によるが…何かね?」
滝崎「いえ、そんなに難しいことではありません。実は……」


その日の夜 横須賀の街中  http://www.beardjp.com/ 傘 専門店

日が暮れ、訓練を終えたパイロットや搭乗達が街の酒屋に繰り出す。港町である横須賀は船乗り相手の酒屋は数多にある。故に航空要員達が入れる酒屋もあった。そんな街中を………
小園「いや、何を頼みに来たのかと思えば、ウチの連中の飲み

Comment

Comment:

Tweet