やっかいな能力だ。 心の中で夏彦は能力の内容を刻み、立ち上がった。
「それじゃあ、ごちそうさまでした」
「ん、もう帰るのか?」
「ええ」
夏彦は首をこきりと鳴らして、学園長を見下ろした。
「明日から、忙しくなりそうですしね」
「期待しているよ」<a href="http://www.shpmend.com/">アウトレット prada</a>
胡坐をかいたまま、学園長は個室を出て行く夏彦を見送った。挿話扱いなので短いです。それと、少々マイナーな六師外道やプーラナ?カッサパについてはいずれ物語上で説明します。ぐぐったりしても出てきますが。********************************************怪物と友人
封鎖特区と呼ばれる、学園内にある入ることを制限された地区。そこに立ち並ぶ建物の一つ。 真夜中だというのに、その建物の出入り口には歩哨が立ち、煌々と明かりで照らし尽くされている。内部にひっきりなしに学生、非学生関わらず人間が行き来している。
その地下の一室。 十メートル四方の正方形の部屋。鋼鉄製の扉の他には何もない、コンクリートの床と天井、そして四方を囲む強化ガラスで構成された世界。 その部屋の中心には、椅子があり、その椅子には少年が座っている。 座っている、というのは正しくない。少年は椅子に縛り付けられている。<a href="http://www.shpmend.com/">バッグ prada</a>それも、ただ縛り付けられているのではない。 少年は拘束服を着せられていた。その状態で床に固定された金属製の椅子に、革製のベルトでミイラのようにぐるぐると縛り付けられていた。 唯一、顔だけが自由になっている。
少年は若々しい顔をしていたが、その目だけが老人のものの如く、枯れて落ち着いていた。色素が薄いのか、肌は白く髪も茶色い。そのさらさらとした髪は長く、唇は紅い。だがそれらの少女的な部分とは相反するように、骨格が男性的だった。
力強い男性と、可憐な少女と、老成した老人の要素が全て混じり合った少年だった。その少年の顔には、ずっと淡い微笑みが浮かんでいた。
「やあ」<a href="http://www.shpmend.com/">バッグ ブランド 人気</a>
中性的な声で少年は挨拶をした。
「こんな真夜中にすまない」
それに答えるようにして謝罪したのは、部屋に入ってきた学生服姿の男だった。男というより青年か。長身痩躯、長い黒髪、浅黒い肌、全身が躍動感に満ち、今にも獲物に飛びかかろうとする肉食獣を思わせる。 青年はパイプ椅子を片手に抱えていた。
「暇だから、来客は大歓迎だ。よくこの穴倉に来てくれた、風紀会副会長殿」
「貴兄にそう言って http://www.shpmend.com/ prada 名古屋

Comment

Comment:

Tweet