ニンテンドー2

posted on 30 Aug 2013 14:17 by taiers
いるのをレッドが暑苦しい空気をぶつける事で無理やり吹き飛ばそうとしていた……まあ乗ってあげよう、どの道ソロじゃ大した下見も出来ないだろうなとは思っていたからな。
「つまり、今回だけの臨時PTのお誘いと言うことで良いんだよな?」
最終確認をする。間違ってはいないだろうが。
「イグザクトリィ!(その通りでございます)」<a href="http://www.u8835pt.com/折りたたみ財布-310e-12.html" title="coach ブランド">coach ブランド</a> おい、ある漫画が好きな人達にケンカ売ってると思われるぞと突っ込みたくなる台詞をグリーンが言い放つ。じゃあPT申請をお願いすると伝え、今回限りのPTを組む。
「よし、では行くぞ!」
やっぱりリーダーの役目を背負っているレッドが声を上げてダンジョンに進入する。入ったとたん穴に落ちたような浮遊感を伴った後にダンジョンの中に降り立った。 最初のダンジョンは人工物がメインのいかにもな形だった。早速盗賊スキルの〈罠探知〉を作動させると……
「では、ゆく「行くなっ!」」
明かりをつけながら声を出したレッドの声を遮ぎって叫ぶ、5人&5人の妖精がこっちを向く。 今のうちに教えておくと、レッドが火の中型犬、ブルーが水の大きな鳥、イエローが土の小さめなサイ、ピンクが光のうりぼう、グリーンが風のリスである。
「いきなり極悪なマップにぶち当たったようだ、この部屋の中に罠が15個ある!」<a href="http://www.bianlikuaijie.com" title="http://www.bianlikuaijie.com">http://www.bianlikuaijie.com</a> その一言に絶句するヒーロー戦隊メンバー。 ヒーローが罠に落ちるのはお約束かもしれないが、その罠でやられたいわけではないのは当たり前である。 その上に〈罠探知〉の赤警告罠が4つもあった……かつての妖精に導かれて見つけた小部屋にあった派手な宝箱以来だ、つまり引っかかったら即死がありうるレベルと判断していいだろう。
「ヒーローが罠で全滅なんて受けないぞ、先導するから自分と同じ場所を歩いてくれ……」
罠がない場所を丁寧にゆっくり歩く。いきなり最初からこれなのか、本気で殺しに来てるダンジョンのようだ、油断は即死亡を意味する、気合を入れなおさないとまずい。
「……レッドの判断は正しかったな、一人入れると聞いたときは大丈夫なのかと心配したが」
「……いきなり全滅の危機を回避できたのは大きいわね」
ブルーとピンクがぼそぼそ喋っている。そりゃそうだろう、いきなり人を一人入れるのはあたりはずれが非常に大きい、よくもまあ入れる気になったものだ。<a href="http://www.bianlikuaijie.com/バックパック-dwpojk-15.html" title="coach カチューシャ">coach カチューシャ</a>「おいおい、フェアリークィーンの旦那さんが弱い訳がないだろう?」
!? なんかと

黒目と黒髪は譲れない

posted on 29 Aug 2013 10:02 by taiers
ンラインは勘弁して欲しいが。

……結果からいうとすんなり始めることが出来た。サーバーをケチることはしなかったようだ。

さて、キャラクターを作ろうか。<a href="http://www.shpmorning.com" title="http://www.shpmorning.com">http://www.shpmorning.com</a>とりあえずキャラネームは……安直だがアースでいいや、大地だしな。どうせかっこいい名前なんて浮かばないからな。
キャラクターの外見は……19歳ぐらいにしておこうか。身長は176cmぐらいかな。黒目と黒髪は譲れない。こだわりでもある。 後は……外見はちょっと格好悪くするか。美人、美男子の条件は左右のシンメトリーの度合いが高いことって聞いたことがあるから、ほんの少しだがずらしておこうか。鼻もあまり高くしないでおこうか……。性別はもちろん男……というか勝手に決まるが。性別詐称はNGらしい。
プレイヤーとなる自分は38歳だが、心まで老けたわけじゃないし、若々しく行こう。 何もせっかく自由に動けるゲームの中でまでおっさん臭い自分を持ち込む必要などないのだから。
――――――――――――――――――――
……よし、こんなところだろうか。<a href="http://www.shpmorning.com/時計-ntz-13.html" title="カシオ デジタル">カシオ デジタル</a>ぱっとしない、コンシューマーのRPGだと俗に言うモブキャラと言うやつか?まあ、背景の引き立て役っぽい感じに仕上がった。美人や美男子のエディットなんか他の人に任せるが吉だ。自分は主役になるタイプの人間じゃない。
次はスキル選択……なんだが。今までのゲーム情報を踏まえて、不遇、というかβ版でゴミ扱い、あまり役に立たない、そういったスキルをメインにしよう。そうすればほどほどにのんびりゲームをやれそうだ。 38歳という歳から想像できるだろうが、仕事はきちんと毎週ある。今日と明日は休みをもらっているが普段はせいぜい1~2時間ぐらいしかログインは出来そうにない……つまり大半はソロプレイになるだろう。 だったらネタに走ろうがなんだろうが迷惑をかける心配はまず無い。だからさっと選択。
選択内容は…… 弓 蹴り 遠視 風魔術 製作の指先       料理 木工 薬剤 隠蔽 身体能力向上
以上10個。<a href="http://www.shpmorning.com/その他-ntz-12.html" title="ソーラー">ソーラー</a>一見不遇ではないようなって感じなのだが。 情報によるとこの中での不遇扱いスキルの数は……6つ!弓、蹴り、風魔術、薬剤、隠蔽、身体能力向上だ。
弓はとにかく当たらないとの事。点でしか相手を捉えることができないからだろう。更に弓の宿命かコストパフォーマンスがかなり悪いことも拍車をかける。更に加えて威力も片手
声で求められたら…」
松島宮「んぅ…ぁぅ…ぁっ…だ、ダメ…おかしくなる…」
……滝崎の愛撫で段々とエッチな松島宮が出来上がってきた。
松島宮「はぁ…はぁ…はぁ……正義……お願い…」
滝崎「声は我慢してね……無理だった、合図してよ。そしたら、キスしてあげるから」
松島宮「う、うん…」<a href="http://www.releaseshopasjp.com/">ハンター レインブーツ ショート</a>


………この後は毎度の如く、読者のご想像にお任せいたします………つーか……何でこんな激甘な事になったんだ?


次号へ************************************************ご意見ご感想をお待ちしております。日常の風景と言えば、日常の風景なんですんよね。********************************************170 頼み事
11月26日 横須賀 厚木飛行場

整備兵1「おい、そこのエシャナー取ってくれ」
整備兵2「エシャナー…あれ、どこに…あ、あったあった」
格納庫で機体の整備をする整備兵達の前を通り、滝崎はその先にある発令所に向かっていた。そして、発令所に着くとそのまま発令所のドアを開けた。
小園「おや、滝崎大佐。どうしました?」
滝崎「やめて下さいよ。階級は上でも、ベテランは小園中佐なんですから」
小園「はっはっは、これは失礼。それで、滝崎君は何故こちらに?」
滝崎「機種転換の具合を聞きに来たんです。機体の方も見ておきたいと思いましてね」
小園「そうかね。まあ、そこに座りたまえ」
滝崎 「では、お言葉に甘えて」  <a href="http://www.releaseshopasjp.com/">ショートレインブーツ</a>
そう言うと滝崎は近くの椅子に座った。
小園「また陸さんの機体の改修艦上機型だと聞いておりましたが、今度の機体も中々使いやすい機体だよ。三式戦改『蒼風(そうふう)』は」
そう言いながら窓の外で空冷エンジンを吹かす三式戦改……史実の五式戦……を見ながら小園中佐は言った。
滝崎「そうですか。中戦ですから、格闘戦一撃離脱戦、どちらも可能と聞いていますが…」
小園「あぁ、急降下でビクともせず、小回りがいいから、皆は直ぐに慣れたぞ。しかし、元となった三式戦『飛燕』は既にイギリスのグリフォンエンジンを積んだII型の開発が完了したと聞いた。更にこの蒼風もエンジンはフォケンに積んだエンジンを積んでる……機体とパイロットは日本、心臓たるエンジンがイギリスとドイツ…妙な掛け合わせではないか?」
滝崎「仕方ありません。紫電改が搭載する誉は信頼性が増したとは言え、供給は紫電改でギリギリですから。それにエンジン開発は日本単独では難しいですからね。外国性エンジンをライセンスし、その経験を国内のエンジン開発に活かしてもらわないと……それに何時までもエシャナーを回してエンジンを始動させるのも改善していかないと…」
小園「例のセルモーターと言うやつか? フィリピンで鹵獲したP40を見せてもらったが、ボタンを押すだけでエンジンが始動出来るからな」
滝崎「出来れば日本もそうしてなっていく方がいいでしょうね」
小園「ふむ……おっと、ところで滝崎君の用は何だったのかね?」
滝崎「あぁ、すみません。小園中佐が飛行長で顔が効くからこそ、お願いしたい事がありまして…」
小園「お願い…事によるが…何かね?」
滝崎「いえ、そんなに難しいことではありません。実は……」


その日の夜 横須賀の街中  http://www.beardjp.com/ 傘 専門店

日が暮れ、訓練を終えたパイロットや搭乗達が街の酒屋に繰り出す。港町である横須賀は船乗り相手の酒屋は数多にある。故に航空要員達が入れる酒屋もあった。そんな街中を………
小園「いや、何を頼みに来たのかと思えば、ウチの連中の飲み